• twitter
  • google+
  • LINE
  • はてなブックマーク

電気ケトルのおすすめ、ランキング、選び方のコツよりお知らせ

電気ケトルの各種情報やおすすめ機種を紹介

当サイトでは、電気ケトルに関する情報を紹介しています。

どういったものなのかだけでなく、使い方、メリットやデメリット、海外での使われ方、ポットとの違い、ランキングなどなど、さまざまな角度から取り上げています。

また、おすすめ機種として、ティファール(T-fal)の機種を紹介しています。

さらに、店頭に買いに行く手間を省くために、オンライン通販も紹介しております。比較的かさばる商品ですので、ぜひオンライン通販をご利用ください。

どういったものか知りたい方、そして、購入を迷われている方の参考になるべく、出来るだけ多くの情報を掲載しております。

ぜひ一読していただき、ご参考いただけたら幸いです。



どの電気ケトルを選べばいいのか

以前は発売しているメーカーも少なかった電気ケトルですが、最近では多くのメーカーから発売されています。

どのメーカーの物を買えばいいか迷いますが、当サイトではティファールをお薦めします。

具体的なお薦め理由は次の通りです。

  1. 価格が安め
  2. 片手で軒並みの操作が可能

価格はさらに安い商品を販売しているところもありますが、安売りショップで買えばティファールの電気ケトルも十分な安さで購入が可能です。注目を集める前は現在より数千円高かったのですが、一気に価格が安くなりました。

片手で操作に関してですが、日本のメーカーの多くが両手を使う、もしくは一度取っ手を離す動作が必要になるという点を問題視したいと思います。日ごろ当たり前のように使う道具ですので、少しでもスムーズに使い続けるためには、この点を重要視したいと思います。

水を入れるときに蓋を開けますが、この蓋の形状もティファールでは取っ手を握ったままでも開きやすくなっていますが、日本メーカーの多くは蓋をしっかりと取り外す必要があります。(最近はティファールでも蓋をしっかりと取り外さないといけないタイプが増えました。)

以前は日本メーカーだけ、お湯をこぼれるのを防止するロック機能がありましたが、2016年夏にロック機能付きが大々的に発売されましたので、今ではティファール製のみで多くの希望を満たせます。(2016年9月9日記載)

電気ケトル お薦めランキング

ここでは独断と偏見で選ぶ電気ケトルお薦めランキングを紹介。

販売数に応じたランキングは下部で取り上げている『電気ケトル人気ランキング』をご覧ください。

選考基準は安定性と日頃の扱いやすさを中心に選んでいます。

なお、小さなお子様がいる家庭などでは、別途、転倒防止機能などがあるものの方が好ましいため、ランキングに左右されずに機能重視で選択しましょう。

1位:ティファール アプレシア プラス 0.8L メタリック シリーズ

一番無難であり、人に薦めやすい機種です。

蓋の部分は完全に分離するタイプではないため、水を入れる際の蓋の開け閉めの手間が省けます。

中の水の量が外からわかり、電源スイッチもハンドル部分上部についているため、どの角度からでも押しやすいのもポイントです。

本体の安定感もお薦めできます。

2位:ブラウン 電気ケトル「ピュアイーズ」

1Lサイズの容量。

ちょっと縦長で大きく感じますが、設置スペースに関しては狭い場所でも置けるようになっています。

水を入れる際に、蓋を開けなくても入れられる仕組みのため、日常頻繁に使う人にお薦めできます。

質実剛健な感じの機種となっています。 

新機種

ここでは新機種の紹介をします。主にティファールの商品での新機種を紹介します。

他社からも多数出ていますが、一番無難なメーカーということもあり、ティファールのみに絞っています。

バルミューダ 電気ケトル「BALMUDA The Pot」

バルミューダより、電気ケトルが発売されています。2016年10月下旬発売。名称は「BALMUDA The Pot」。

主な特徴は次の通りです。

  • 容量が600ml
  • 注ぐお湯の量を調整しやすいので、コーヒー等に適している
  • 蓋は分離するので、水を入れるのに一手間かかる
  • サイズがコンパクト
  • 外から中に入っている水の量が見られない

容量が600mlである点は、人によってプラスでもあり、マイナスでもあります。

一人暮らしなど、少人数での生活であれば600mlでも十分です。

逆に、人数が多い場合は、600mlでは足らない場面も出てきます。

ちなみに、カップ麺約300ml、コーヒー150mlなどが目安です。

お湯の注ぎ口が狭いため、コーヒー等を入れるときに適しています。インスタントではないコーヒーを飲む方にお薦めです。

逆に、カップ麺等、一気にお湯を入れたいときには適していません。

蓋は分離します。このため、蓋をしっかりと外してから水を入れる必要があります。他の電気ケトルのように、ボタンを押して開くであったり、本体に付いていたりといったような形状でないため、この点は多少の手間となります。

サイズは600mlと容量が小さいため、置き場所を必要以上に取る必要がありません。

一つ注意すべき点は、外から水の入っている量が見られない点です。たいていは沸かした後は使い切るのがベストですが、人によっては頻繁にお茶やコーヒーを入れる場合、お湯をそのままにしてさらに使うことがあるかと思います。

ですが、外からお湯の量が見られないため、新たに沸かした時にお湯が足りない、という可能性も出てきます。

価格はやや高めの価格帯。

お薦めの対象者としては一人暮らしか二人暮らしで、それなりに収入のある方でしょうか。

希望小売価格は11000円に消費税のため、割高価格での販売に注意。

BALMUDA The Pot 販売中

ブラウン 電気ケトル「ピュアイーズ」

ブラウンより電気ケトルが2018年3月30日に発売されました。

主な特徴は次の通りです。

  • 容量は1000ml
  • ボタンを押すと蓋が開く
  • 円筒状のスマートな形状
  • 注ぎ口が広い、この場所から水を入れることも可能

容量の1000mlは、一般的な電気ケトルの標準的な容量です。

ボタンを押すことで蓋が開くため、いちいち手を放して蓋を開ける必要が無いのは大きなメリット。

円筒状のスマートな形状のため、置き場所もコンパクトになります。多くのメーカーは下の方が膨れた形状になっています。ただ、倒す可能性も高まるため、子供がいる家庭は購入の際に一考する必要があります。

注ぎ口が広いため、コーヒーなどを自分で入れる際には不満が出るかもしれません。

また、この広い注ぎ口からも水を入れようと思えば入れられるため、蓋の開け閉め自体をしなくて住むのは手間が省けて大きなメリットとなります。

「ピュアイーズ」は価格帯も安く、万人に適した電気ケトルと言えるでしょう。二人暮らし以上にお薦め。

ブラウン ピュアイーズ 販売中

※確認した段階ではamazon.co.jpではまだ販売されていませんでした。家電量販店をご利用ください。

タイガー 蒸気レス 電気ケトル「わく子」

タイガーより2017年9月21日に新型の電気ケトルが発売されます。

名称は「蒸気レス 電気ケトル わく子」で、型番は0.8LサイズがPCJ-A081、1.0LサイズがPCJ-A101です。それぞれカラーはレッドとグレーの2色。

多くの電気ケトルは蒸気が外に出て今いますが、この機種では蒸気を外に出さない構造になっているとのこと。

これにより、壁際に電気ケトルを置いて使いたい時などに、壁がカビたりする心配がありません。

このほか、転倒流水防止機構を備え、本体が熱くなりにくい二重構造でもあります。

蒸気レス 電気ケトル わく子 PCJ-A081 販売中

蒸気レス 電気ケトル わく子 PCJ-A101 販売中

アプレシア エージー・プラス コントロール シリーズ

ティファールから、温度調整ができる機器が登場しました。

それが「アプレシア エージー・プラス コントロール 」です。

60度から100度まで、5度刻みで温度の調整が出来るため、飲む飲料によって微妙に異なる適温に気軽に合わせることが可能です。

言うまでもありませんが、設定温度が低ければ早く沸きますし、電気代もお得になることでしょう。

このほか、好きな温度での60分間の保温機能も搭載されています。

蓋の形状は完全に外れる形状です。ティファールとしてはこちらの形式をお薦めしているのかもしれませんが、「アプレシア プラス 0.8L メタリック シリーズ」のような取り外せないタイプの方が使い勝手は良いように感じます。

この機種のメリットとデメリットは次の通り。

メリット

  • 沸かせる温度調整が可能
  • 一定時間、温度維持が可能

デメリット

  • 価格が高い
  • 蓋の取り外し、取り付けが面倒

※発売日近辺では品薄のため、割高価格で販売されていることもございます。メーカー希望小売価格は11500円(税抜き)ですので、ご注意ください。

アプレシア エージー・プラス コントロール シリーズ 予約販売受付中

※2017年4月6日掲載

お薦め機種

画像やリンクをクリックするとamazon.co.jpで購入が可能です。他にも、楽天Yahoo!ショッピングなどでも販売されていますので、これらのショップで購入する際は、商品名を検索フォームに入れて検索しましょう。

アプレシア プラス 0.8L メタリック シリーズ

一人暮らしやコーヒー等のあまり湯量を使わないものであれば「アプレシア プラス 0.8L メタリック」シリーズをお薦めします。0.8Lには他にもいくつかのカラーが用意されています。ただ、外側がステンレス製という違いがあるため、他のシリーズと間違えないようにしましょう。

以前はカラーがメタリックノワールのみでしたが、新色も追加されています。価格差があるため、価格と相談の上、カラーも検討してみましょう。

特に外側がメタリックなものでなくても良いのであれば、「アプレシア プラス」シリーズから選ぶのも良いでしょう。価格面では若干安く購入可能です。

アプレシア ウルトラクリーン ネオ 0.8L シリーズ

上述の「アプレシア プラス」に近い内容ですが、蓋の形状が異なります。

この「ウルトラクリーン ネオ」は、蓋が完全に取り外せるタイプです。

そのため、片手のみでの操作はできませんが、蓋の部分をきれいに洗うことができるというメリットもあります。

どちらかといえば、片手で操作できる方が利便性が良いと思いますが、蓋をきれいに洗いたい、という人でしたらこちらのシリーズを選ぶのも良いでしょう。 

アプレシア エージー・プラス ロック

0.8Lサイズです。人気の型で、ロック機能無しの方も人気があります。ロック機能が必要かどうかで判断しましょう。

価格は同形状の他の機種より高くなります。 

ジャスティン プラス 1.2L

複数人暮らしや料理などでもお湯を大量に使うようであれば「ジャスティン プラス 1.2L」を選びましょう。1.2Lもあれば、十分対応が出来るかと思います。 カラーリングがいろいろとありますので、お好みの色を選びましょう。

以前はこれよりも大容量のものも発売されていましたが、2013年12月時点ではこの1.2Lのシリーズが最大容量となっています。

電気ケトル人気ランキング

amazon.co.jpでの電気ケトル人気ランキングです。現在の人気商品を確認できます。ただ、品切れ商品などはランキング上位に入りにくいため、この点はあらかじめご了承ください。

クリックすることでamazon.co.jpで購入が可能です。容量を確認の上、購入しましょう。