料理に必要なお湯の量

ここでは電気ケトルを選ぶ際に参考となる、料理に必要な水の量を紹介します。

料理の仕方や量、内容によって変わる部分もあるかと思いますので、この点はご了承ください。

電気ケトルのサイズを決める際の参考になれば幸いです。

なお、1L(1リットル)は1000mlです。電気ケトルの標記では1Lで標記していることが多々あります。

0.8Lでしたら800ml、1.2Lでしたら1200mlです。計算する際にご参考ください。なお、コーヒーなどを沸かすときの「cc」というサイズは「ml」と同じ意味ですので、mlに置き換えて考えてください。



コーヒー(140ml)

よく、電気ケトルの紹介をする時に、コーヒー1杯分が約60秒で用意できるという説明があります。

この時持ちいられるコーヒーの量は140mlです。人によってはもっと多くの量を望むかもしれませんので、一概には言えませんが、一つの参考にしてみてはどうでしょうか。

なお、ペーパードリッパーなどを使う場合は、紙やコーヒー豆に吸い付く水分のことも考え、少し多めに沸かす必要があります。

人数が増えれば、その分、掛け算をしていきましょう。

4人分でも140×4で560mlと電気ケトルの小さめのサイズの800ml用でも十分事足ります。

味噌汁(160ml)

フリーズドライなどのお湯を入れるだけで完成するインスタント系味噌汁は、おおむね160ml必要です。

自分で作るための味噌汁も1人前160mlですが、具材を煮ている間に水分が蒸発するため、少し多めに用意するとよいでしょう。

スープ(300ml)

自作のスープは、量は人それぞれの希望があるでしょうが、やや多めにスープを多めに飲みたい場合などは、1人前300mlくらいあるとよいでしょう。

具材たっぷりのスープを作ると栄養バランスもよく取れます。この場合の一つの目安が300mlです。

カップスープなどでしたら、味噌汁と同じく160ml辺りが目安となります。

そば麺つゆ、うどん麺つゆ、ラーメンスープ(300ml)

そばやうどん、ラーメンなどのつゆやスープは、おおむね300ml前後です。

麺つゆの場合は、多くは別途液体のつゆを追加するため、お湯を沸かす量は300mlより少なくて済みます。

なお、そば、うどん、ラーメンの麺を茹でるためのお湯は別途用意する必要があります。

先に茹でる用のお湯を沸かし、その後、麺を茹でている間につゆ用のお湯を沸かすとよいでしょう。

電気ケトルで800ml沸かし、500mlを茹で用に使い、別途500mlを鍋で沸かし、残った電気ケトルの300mlのお湯はつゆに使うといったことも可能。

カップ麺(300ml、400ml)

カップ麺にもいろいろな種類がありますが、一般的な筒形のカップ麺で300mlのお湯が必要になります。

器型のカップ麺では400ml程度必要です。

なお、サイズによって違いはありますので、この点はご了承ください。

2人分作るのでしたら800mlまでの電気ケトルで事足りますし、さらに多くの家族分、いっぺんに作るのでしたら、もう少し大きいサイズが必要になります。

茹でるお湯「そば、うどん、ラーメン、パスタ麺」(1000ml)

そば、うどん、ソーメンなどの麺類を茹でる場合は基本的に1人前につき1000ml必要になります。なお1000mlは1L(1リットル)と同じです。このサイズの電気ケトルもよく売られています。

2人前くらいでしたら、1000mlで茹でても問題ないとは思いますが、このあたりは人それぞれの食に対するこだわりにも影響しますので、各自で判断しましょう。

また、電気ケトルで1000ml沸かしている間に、鍋でも500mlくらい沸かしておくなど、分担させると、多くのお湯を一気に沸かすことが出来ます。