日本向け転倒防止機能付き電気ケトル

ここでは電気ケトルを日本だからこそ注意しなければいけない点を紹介します。

特に日本で使用する際に注意しなければいけない点として、転倒防止機能がついているかどうかを挙げることができます。

日本は海外と異なり、床で生活する暮らしをする人も多数います。

畳文化があることもありますし、フローリングでもカーペットを敷いて床に近い位置で暮らしたりもします。

このため、電気ケトルを床や床に近い位置に置くという生活をすることもあります。

床や床に近いところに置いておくと、電気ケトル本体に足を引っかけたり、または電気コードに足を引っかけて電気ケトルを転倒させてしまう恐れがあります。

この転倒時にお湯がこぼれ出し、床を濡らしたりこぼれたお湯でやけどをしないようにするのが転倒防止機能です。

海外メーカーは転倒について考える必要がないため、防止機能がありませんが、日本メーカーの場合は日本の生活に合わせて製造していることもあり、多くの大手日本メーカーは転倒防止機能を付けています。

転倒防止機能なしの電気ケトルより割高になりますが、もし畳生活や床生活をするのであれば、転倒防止機能付きの電気ケトルを購入を検討してみてはどうでしょうか。

参考として具体的なメーカー等を『電気ケトルのおすすめ、ランキング、選び方のコツ』(当サイトトップページ)にて紹介しています。